HOME > レーシックでよく話題に上がる有名人

タイガー・ウッズ(プロゴルフ)

海外の事例で有名なのが、世界一有名なプロゴルフ選手、タイガーウッズのケースでしょう。

8年の時間を空け、二度目のレーシック手術を受ける



極度の近視で、法的に盲目扱いになれるレベルだったタイガー。
1999年10月(当事23歳)、ライダーカップ(Ryder Cup)の後にレーシック手術を受けています。

そして、術後1戦目のディズニークラシック(Disney Classic)で優勝を飾ったのです。

しかし、それから8年経った2007年、彼は再び手術を受けることを決断。
タイガー曰く、視力が悪くなり出し、常に頭痛で苦しんでいると。

そして、その年のマスターズが終わった翌日(当事31歳)、2度目のレーシック手術を受けたのです。
果たして、その後タイガーはどうなったかというと、、、

なんと1度目と同じく、術後1戦目のワコビア選手権(Wachovia Championship)で優勝しています。
なんという男なのでしょう。

レーシック手術を執刀した医者に損害賠償請求

一方で、2001年にもレーシックの手術を受けており(つまり最低でも3度は受けている!?)、その時執刀したペンシルベニア州の医者に対して損害賠償請求を起こしています。

その理由としては、角膜が薄いのにもかかわらず手術をしたことで、片目がぼやけ、物が二重に見えるようになったとのこと。

2011年の判決では、Tiger側が勝訴し、医師に100万ドル以上(1億円以上!?)の賠償金を払うよう命令が出ました。

レーシックでよく話題に上がる有名人
本田圭佑選手 (プロサッカー選手)
井端弘和選手 (プロ野球選手)
タイガーウッズ (プロゴルファー)
レーシックを受けた有名人の感想・反応
前田敦子 (タレント・歌手)
イモトアヤコ (タレント)
陣内智則 (お笑い・タレント)
レーシックを受けた有名人(病院別)
神戸神奈川アイクリニック
品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
南青山アイクリニック
錦糸眼科
その他